• 火. 9月 21st, 2021

新型コロナの影響で、イエローラインなど3路線に開始予定日の遅延。

Byサイト運営

8月 25, 2021

タイの高速鉄道公社のパカポーン代表は8月25日水曜日に、3つの鉄道ラインの建設が新型コロナの影響によって遅れていると述べました。

3つの鉄道ラインとは、オレンジライン(文化センター~ミンブリー)、ピンクライン(ケーライ~ミンブリー)、イエローライン(ラップラーオ~サムロン)です。

パカポーン氏は、3つのラインは、コロナ禍以前では当初のスケジュールよりも4〜5%早く進捗が進んでいたが、今では計画より2〜3%の遅延となっています。

新型コロナの法令の遵守のため、労働者の移動を禁止し一部を隔離しているため、プロジェクトはまだゆっくりとしか進められずにいます。

彼は、遅延はMRTAの制御能力を超えた、不可抗力であると述べます。

パカポーン氏は、3つのプロジェクトの請負業者に失われた時間を埋め合わせるように指示しています。

ただし、いくつかのサービスの開始予定日はまだ遅れている可能性があります。
たとえば、イエローラインは2021年後半に開業する予定でしたが、現在は来年の初めか半ばまで開通しない可能性があり、ピンクラインの開通は2022年初頭から2022年半ばに遅れる可能性がでています。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP