• 金. 7月 1st, 2022

タイ警察「タイは国際犯罪者天国」。入国者受け入れにより国際犯罪増加を懸念。

Byサイト運営

6月 1, 2022

6月1日より、ほぼ障壁が取り除かれた状態でタイ入国が可能となりました。
しかし、喜んでばかりはいられません。
タイ警察は、入国規制の緩和後に国際犯罪が増加すると見て、準備を整えています。

タイ警察は、国際犯罪がこれまで以上に悪化する可能性があると推測しています。

タイの地理的位置とその良好な条件が、他国での犯罪、国内での犯罪、および国際的な逃亡者の隠れ家として理想的な拠点となっていることに懸念を表しています。

特に最近では「サイバー犯罪」、偽装企業によるマネーロンダリング、その他の無数の違法行為などの国際犯罪にとって理想的な場所であるとも述べました。

タイの移民局では、ブラックリスト化された人を識別するために顔認識と指紋のデータベース約3千万人分を保有していると述べています。
これは、単に名前やパスポートを偽装して入国を試みる犯罪者を阻止するのに役立っています。

さらに、国境や空港の監視カメラは、タイへと入国する人々を特定するのに役立っています。

警察は特に、マフィア、麻薬ディーラー、人身売買、マネーロンダリングおよび詐欺に関与しているヨーロッパ、米国およびオーストラリア、アフリカ、東アジア、南アジアとほぼ全世界からの犯罪者をマークしていると言及しています。

とは言え、全く犯罪が減っている印象もないので、何が問題なのかは再考する必要があるかもしれません。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP