• 水. 9月 22nd, 2021

プーケット「サンドボックス」強姦殺人事件。殺されたスイス高官、その最後の10日間を追う。

Byサイト運営

8月 6, 2021

外国人高官の殺人事件ということで、現地では騒動になっています。

8月6日金曜日、プーケットの観光警察は、木曜日の午後にプーケットの観光名所であるトンオーヨン滝で殺害されたスイス人女性の行動履歴を明らかにし、それによると彼女の最後の1.4キロの上り坂を独りで散歩している様子が含まれていました。

スイス連邦議会議事録担当副議長であるニコール・ソヴァン=ヴァイスコフ(57歳)さんは、7月13日午前10時34分にシンガポール航空のSQ726便でプーケット空港に到着し、スイスのパスポートを利用し入国しました。
彼女は、8月26日に有効期限が切れる観光ビザを持っていました。

彼女は、7月13日から27日までタラン地区のチョンタレーにあるデュシットラグーナホテルに滞在していました。
プーケット「サンドボックス」プロジェクトを利用して、そこに自分の部屋を予約していました。

ホテルでは毎朝ホテルのスタッフと一緒にヨガの練習をし、毎晩ホテルで寝ていました。

7月25日、彼女はホテルでサービスを提供していたAIGのリムジンで、バンコクホスピタルプーケットに行っています。

7月27日、彼女はホテルからチェックアウトし、「12 GO」 Webサイトから呼び出されたプーケット登録タクシーで出発し、クラビーのアオナンに向かいました。
彼女は一人でした。
その時の運転手は、ハタイラット・プロムチャン氏だということが判明しています。

7月27日の午前11時5分、彼女はタラン地区にあるプーケットのチャチャイチェックポイントを通過しています。
13時36分、彼女はクラビーのアオナンにある「バケーションビレッジ・プラナンイン」にチェックインしました。
彼女は、7月31日までそこに滞在していました。

7月30日、彼女はホテルが手配したバンをチャーターして、その日の午後にクラビーのダウンタウンを訪れました。
バンの運転手は、バンバオと言う名のドライバーでした。

7月31日、女性はホテルをチェックアウトし、7月27日にプーケットで使用したのと同じタクシーで旅行しました。
今回の運転手は、プラサット・プロムカムナードという名のドライバーで、プーケットに向かいました。

彼女はプーケットのウィチットにある「ムーリングリゾートホテル」にチェックインしました。
7月31日から8月3日まで、彼女はホテルに滞在しビーチでリラックスしていました。

防犯カメラの映像によると、8月3日に彼女はホテルを出て午前11時25分頃にアオヨンビーチに向かっています。
午前11時48分、彼女はアオヨン~カオカットロードをトンオーヨン滝に向かって一人で歩きました。
彼女はショートパンツ、白いシャツ、黒い靴を履き、長袖のシャツを腰に巻いて、黒めのリュックサックを背負っていました。

彼女は18分歩いて、ムーリングリゾートからトンオーヨン滝まで1.4キロを歩きました。
彼女はその後、8月5日)の13時30分頃、ウィチットにある滝の小川で亡くなっているのが発見されました。

デュシラグナホテルの経営者は、彼女は寛大なゲストであり、タイとタイの人々をとても愛していたと印象を語っています。

ロイター通信によりますと、タイ警察は、前科のある者や移民労働者の中心に事件への関与があったか調べているとのことです。
前科者は分かりますが、移民労働者が真っ先に疑われるなんて…。

プーケットで起きたレイプ殺人事件。被害者はスイス政府の高官だった。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP