• 水. 9月 22nd, 2021

プーケットへの国内旅行は、さらにルールが厳しくなります。サンドボックスには影響なし。

Byサイト運営

7月 30, 2021

もはや安息の場所などないのではないでしょうか。

プーケット知事の指令の下、プーケットの橋、空港、埠頭は、緊急車両と物資を含む12の必要な事由を除き、2021年8月3日から8月16日まで島内に入ることはできなくなります。
これらはタイ国内向けの制限であり、特に空港に関して、観光業復興計画「サンドボックス」の観光客には適用はされないとのことです。

7月29日プーケットのナーロン知事は、島で確認されたCovid-19の症例数が急増している現況のほとんどは、島内ではなくタイ国内他県からの訪問者であるとし、渡航禁止令の測定を強化することを発表しました。

発表は、次のように結論付けています。

以下の例外を除き、タイ国内の人や車はプーケットチェックポイント、桟橋、プーケット国際空港に立ち入ることはできません。
①救急車と救助サービス
②医療用品
③食品、日用品、農畜産物
④ガソリンとガス
⑤現金輸送車
⑥新聞などのメディア媒体と小包
飛行機のチケットを持って飛行機で旅行する必要がある人。これは緊急で重要な理由を持っていなければなりません。
⑧プーケット疾病管理部門との協力の許可
⑨プーケットで緊急の義務を負っている政府機関からの許可
⑩裁判所または捜査官からの任命
⑪人々の問題を解決するための政府のプロジェクトに関連する建設品目と固定装置の搬入。
⑫その他の理由を持っている人は、チェックポイントの警官の判断に依存します

すべての訪問者は、完全にワクチン接種され、少なくとも14日前にCovid -19が陰性であるか、90日以内にCOVID-19から回復し、入島の数時間前にRT-PCRまたはRapidAntigen検査が72以下で陰性である必要があります。

ワクチン接種を受けることはできないが、教育のためにプーケットに出入りする必要がある18歳未満の学生は、次の条件を満たしている必要があります。
教育機関から発行された身分証明書。
それらはプーケット公衆衛生局によるRT-PCRで検査され、最大で1ヶ月間有効となります。

島で予防接種の予約をしている人は、予約文書を提出し、入国する72時間以内にRT-PCRまたはRapidAntigen検査による陰性証明書を持参する必要があります。

プーケットチェックポイント(ターチャットチャイ本土のゲートウェイ)では、23時から翌朝4時まではどのような車両も入島できません。
この新たな規約は、8月3日から施行されます。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP