• 日. 10月 17th, 2021

サムイ島観光復興プログラムの元で観光庁のスタッフがコロナ感染

Byサイト運営

7月 17, 2021

タイ国政府観光庁(TAT)のスタッフは、仕事のためにスラータニー県のサムイ島に飛んだ後、7月15日木曜日にCovid-19に感染していることが判明しました。

TATの報告によると、この36歳の男性はバンコクでCovid-19の検査を受け、2回目のワクチン接種を受けた後、島に向かいそこでサムイプラス計画の準備を行っていました。

彼の行動のタイムラインは、主に彼の家とバンコクのTATオフィスを訪れたことを示しました。
しかし、彼は7月7日と11日にBig-Cスーパーマーケットのラチャダー支店に行ったと伝えられています。
14日水曜日に、彼はフアマーク・インドアスタジアムで2回目のワクチン接種を受けています。

観光庁がね~。迂闊としか言いようがないですね。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP