• 水. 10月 27th, 2021

タイ観光復興プログラム「サムイプラス」。初日の観光客はゼロ!2日目に4名。

Byサイト運営

7月 15, 2021

サムイ島、パンガン島、タオ島のスラータニー県観光復興プログラム「サムイプラス」は、7月15日木曜日からスタートとなります。

サムイ島観光振興協会によると、初日にバンコクからサムイへのバンコクエアウェイズのフライトに乗るのは、メディア関係者である11名の外国人のみで、観光目的の人はゼロ人とのことです。

協会会長のラチャポーン氏は水曜日に、タイの新型コロナの感染状況を鑑みると、今年の第3四半期に多くの旅行者がタイを訪れてくれるとは思わないと述べました。
しかし私たちにできることは、国の観光を刺激するために、標準的な手順に従って観光事業を開始することにあります、とも付け加えました。

彼は、タイのCovid-19の症例数が第4四半期には減少し、タイと外国の旅行者の間の信頼を高めるだろうと予想しています。

木曜日から「サムイプラス」プログラムで到着する観光客は、サムイ島の代替ローカル検疫(ALQ)ホテルに7日間滞在する必要があります。
その後、サムイ島、パンガン島、タオ島の「ALQ」または「SHA+認定ホテル」へと移動することも可能です。

サムイでの最初の3日間の後なら、指定されたルートを使い島を横断することも可能です。

なおこのプログラムには、最大にプログラムを中止にまでできる規定が事前に設定されています。

「サムイプラス」プログラム期間中、Covid-19の症例数が2週間以内に20件を超えた場合、観光客のALQホテルでの必須滞在期間は14日間に延長されます。

2週間以内に症例数が40件を超えると、ウイルス対策の規制が強化されます。
そしてサムイ島疾病管理センターは、「サムイプラス」モデルを一時停止にする必要があるかどうかの判断するまでに至ります。

タイ国政府観光庁(TAT)のユタサック長官は、今年7月から10月の間に、80人の外国人旅行者がサムイ島行きのバンコクエアウェイズの座席を予約したと述べました。
初日に到着する11名の外国人はすべて、「サムイプラス」を視察をするためのメディア代表であると付け加えました。

なお翌16日には、4人の海外旅行者が到着します。
サムイ島の671軒のホテルのうち177軒が現在再開し始めました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP