• 水. 8月 17th, 2022

予算250億バーツ! サムイ島へ架ける橋「カノム橋」建設に運輸省がゴーサイン。

Byサイト運営

7月 20, 2022

運輸大臣のサクサヤーム氏が、島と本土であるナコンシータマラート県を結ぶ「カノム橋」の建設プロジェクトを承認したとサムイ島広報が発表しています。

サクサヤーム大臣は、タイ運輸省、高速道路局、地方道路局、高速道路局が協力して調査、計画、設計を行う5つのプロジェクトの1つとして、サムイ島のカノム橋に青信号を出したと説明しています。 

予算にして250億バーツが、17キロメートルのサムイ島「カノム橋」に費やされ、スラータニーのサムイ島南西部のパンカビーチとナコンシータマラートのカノム地区を接続します。

この橋は、フェリー埠頭での大きな行列の問題を解決することを目的としており、先日の5連休では最大5時間の待ち時間が生じました。

タイ5連休。各観光地は旅行者で大盛況。サムイ島ではフェリー5時間待ちも。

さらに、一部のフェリー会社は、観光客の減少と燃料価格の上昇により、以前の1時間ごとの出発から1日あたり6本に出航本数を減らしていました。

サムイ島「カノム橋」は、サムイ島の地元のホテル所有者であるウィラー氏のアイデアでした。
彼は、3Dキャドを作成し、それを運輸省に提案しました。

地元の人々と当局者は、橋がサムイ島の地元の人々と観光客の両方に利益をもたらすことに同意しました。
この橋が完成すれば、サムイ島とスラータニー間の輸送はより便利でより速くなります。
また県行政と国も通行料を導入することで、より多くの収入を得ることができるだろうと付け加えています。

 

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP