• 月. 10月 18th, 2021

サンドボックス計画。初日は347名が無事プーケットに到着。

Byサイト運営

7月 2, 2021

プーケット「サンドボックス」計画が始動しました。

プラユット首相は、タイが国を再開するリスクを受け入れる必要があると演説し、7月1日外国人観光客受け入れプログラム、いわゆるプーケットサンドボックス計画を開始しました。
国は、予防接種を受けた外国人旅行者が検疫なしでこの島を訪れることを可能にするモデル計画で、観産業の復興に大きな期待を寄せています。

Covid-19状況管理センター(CCSA)によると、プーケットで1週間で10万人あたり15例を超える新しい感染が検出された場合、サンドボックス計画は遅延するか、キャンセルされる可能性があります。

プラユット首相は、閣僚や保健高官とともにプーケットに到着し、公務員や保健ボランティアのもとを訪れました。

彼らは夕方にシンガポールからの51人の観光客のグループを歓迎するためにプーケット国際空港にも出向いています。

「こんにちは、タイへようこそ」
プラユット首相は、観光客らを驚かせましたと言います。

初日である7月1日は、イスラエル、アラブ首長国連邦、カタール、シンガポールからのフライトで合計347人の乗客がプーケットに到着しました。

その後、最初の旅行者グループは、発熱と予防接種のチェックを含むスクリーニングを受けました。
全員が「Thailand Plus」および「Mor Chana」アプリをダウンロードする必要がありました。

その後、RT-PCR検査のために綿棒サンプルを採取する前に、入国審査と通関手続きを行いました。

その後、彼らはホテルに連れて行かれ、そこで検査結果を24時間待つことになります。
結果が「陰性」である場合、彼らは島内を観光することができます。
「陽性」の場合は、すぐに病院に運ばれます。

この日、プーケットへ降り立った4便は、午前10時20分アブダビからの乗客23名、午後12時43分カタールから136名、午後13時52時イスラエルから137名、午後17時14分シンガポールから51名が無事到着を果たしました。

「予約が入り始めました。次の四半期までの15日以内にさらに多くのフライトが来ると予想されています。プーケットサンドボックスが成功すれば、モデルを他の地域に拡大できるでしょう」
「すべては最初のステップから始まります。このプーケットでスピードを上げる必要があります。そうでなければ、前進することはできません。政府はCovid-19対策に取り組むだけでなく、引き起こされた経済的打撃を克服しようとしている」と言葉を残し、プラユット首相はプーケットを後にしました。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP