• 金. 9月 17th, 2021

タイの低所得者層を救済するのはK-POPファン?その裏には政治的意図が隠されていた!

Byサイト運営

6月 29, 2021

バンコクのトゥクトゥクタクシー運転手サムランタムマサーさん(39歳)は、コロナ禍以前にはK-POPスターのジェシカ・ユングのことを全く知りませんでしたが、今ではこの韓国歌手のタイ人ファンが、彼がの損失を補填してくれています。

観光客がほとんどいない現在、彼のトゥクトゥク利用者は1年以上空いたままです。
しかしここ数か月間、彼は自分の車にK-popアイドルの広告を掲載し、月に約600バーツ(約2100円)ほどの収入を得ています。
「多くの人にとって大した収入ではないかもしれませんが、私にとっては重要です」と、彼はこの韓国歌手のきらめくビニールの広告をちらっと見ながら言います。

バンコクの特徴的なトゥクトゥクの運転手は、コロナ禍で観光産業が荒廃し最も大きな打撃を受けている業種の一つです。

サムランさんは、バンコク周辺の外国人観光客を輸送するために、1日あたり約1,500バーツ(約5000円)を稼いでいました。
2020年に訪問者数が85%減少したため、そのほとんどすべてが消え、国はまだ具体的に観光客に対し門戸を開く予定はありません。

K-POPに夢中になっている若者が、アイドルの誕生日や新曲発売を祝う広告を打つのを、公共交通機関などからトゥクトゥクや屋台の店先に移設させました。
これは現政権に対する政治的不満から、公共機関にお金を落とすのではなく、草の根企業にお金を流通させる目的があります。

過去数か月にわたって、若いファンは、お気に入りのK-popアイドルのバナーを一度に1か月間、象徴的な車両に掲示し、生業に苦労しているドライバーに新たな収入源をもたらしています。

サムランさんと他の多くの人々は今、毎月異なるK-popのバナーを掲げて、空のトゥクトゥクをバンコク周辺で運転し、若いタイのファンがそれを見て写真を撮り、サービスを利用するために立ち寄ってくれると言います。

これまでのところ、この若者の動きは数百人のトゥクトゥクドライバーに利益をもたらしています。
政府のデータによると、バンコクには9,000台以上のトゥクトゥクが登録されています。

このような活動は、昨年、軍事クーデターで最初に政権を握ったプラユット首相に辞任を求める何万人もの学生を集めた反政府抗議に端を発していると言われています。

多くのK-POPファンはそれ自体が抗議行動であり、昨年、学生が抗議集会に到達するのを防ぐために大量輸送交通が意図的に停止されたため、ファンらはバンコクのスカイトレインと地下鉄のサービスから巨額の看板広告料金を引き上げることを誓いあいました。 

ファンはビニールや段ボールの看板を印刷し、ガレージや路上でトゥクトゥクのドライバーを募集し始めました。広告資金を最も必要としている人々に資金を注ぎ込んでいます。
これは抗議者たちが、資本家を支持しないという政治的表現となっています。

21歳の大学2年生のティティポンさんによって作成された「TukUp」サービスは、当初、家族のガレージから車を借りた数十人のドライバーを支援することでした。しかし今では、バンコク全土から約300人のドライバーをサポートしています。

「K-POPファンは私たちの生命維持システムであり、戦い続ける希望を与えてくれます。」

BNK48を始めとするタイのアイドルファンは、果たしてどのように考えているのでしょう。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP