タイ内閣が7月1日にプーケットを、7月15日にサムイ島、パンガン島、タオ島への観光客受け入れを正式承認。

これで確定となります。

首相官邸のスポークスマンであるアヌチャ氏は、タイ内閣が7月1日にプーケットを、7月15日にサムイ島、パンガン島、タオ島を観光客のために開放することを承認しました。

プーケットに外国人観光客を受け入れるために、島を開放し管理するための委員会が設立されます。
それは、海外からおよび国内の両方から旅行する外国人観光客のプーケットへのアクセスを、入国開始から出国まで管理および制御する責任があります。

スラーターニー県(サムイ島、パンガン島、タオ島)の宿泊施設には制御管理システムがあります。
宿泊施設および旅行代理店による旅行管理システムには、3つの島すべての空港および船の出入りチェックポイントにスクリーニングシステムが用意されています。

要件などが整わない訪問者は、在住者でも入島を拒否されますので、旅行を計画の方は最新情報の収集に努めて下さい。

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る