またまたまたか?アストラゼネカワクチン投与後、元警官の男性が死亡。

この報道の因果関係がイコールなのかは別として、アストラゼネカ社製ワクチンは、なんらかの副作用が出やすいのは事実のようです。

サムットプラカーン県に住む73歳の退役警察官が、アストラゼネカ社製ワクチンの接種を受けてから5日後の14日月曜日に死亡したと警察は述べた。

14日15時ごろ、サムットプラカーン市のバーンプーマイにある自宅で、元警察官が倒れ意識を失いました。
救助者がすぐに到着し、CPRを実行して彼の命を救おうとしましたが、蘇生は成功しませんでした。

ソーンポップさんの遺体は、死因の検死のためにサムットプラカーンのラーマチャクリナルボディン病院に送られました。

彼の妻(70歳)が言うには、6月9日、彼はサムットプラカン病院に行き、アストラゼネ社製のカワクチン接種を受けたとのことです。
すると月曜日の午後、彼は呼吸困難と腹痛を訴え、その後意識を失ったと彼女は証言しています。

彼の妻は、夫の死は彼がCovidワクチンを受けたことに関係していると信じていました。
彼は高血圧、糖尿病、虚血性脳卒中を患っていましたが、症状は見られなかったとのことです。

通常のワクチンと比べても、副作用の出る確率は元々数倍以上だとは言われていました。
全体からみると微々たる数字だという人もいますが、宝くじ当たるよりは確率高いのですが、当たらない自身あなたはありますか?

関連記事

最新記事

ページ上部へ戻る