• 月. 10月 18th, 2021

【日本の議員報酬と比較】プラユット首相らに続き、閣僚らも議員報酬3か月分を返納。

Byサイト運営

7月 9, 2021

プラユット首相は、新型コロナ禍に苦しむ人々を助けるために、3か月間給与を放棄すると発表しましたが、他の大臣も首相に追随すると発表しました。

部分的ロックダウン措置が議論されていた9日のCOVID-19状況管理センター(CCSA)の会議で、首相は困っている人々を助けるために、3か月分の給与を受け取らないことに決めたと述べたと報告されています。 

現在、首相は月額125,590バーツ(約44万円)を稼いでおり、これには75,590バーツの給与と、50,000バーツのポジションベースの手当が含まれています。
これは、首相が合計376,770バーツ(約132万円)を放棄することを意味します。

首相の意思表明後、プラウィット副首相、チュティ社会開発・人間安全保障相、バラウト自然資源環境相、サクサヤーム運輸相、チャイウットデジタル相も給与を放棄すると発表しました。

ちなみに日本の国会議員の場合。
給料(歳費):130万1000円/月
「期末手当」(約635万円)を加えると、年収は約2000万円以上。

そのほか、以下が支給されます。
文書通信交通滞在費:100万円/月
立法事務費:65万円/月

 

日本はどこかおかしい。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP