• 土. 6月 19th, 2021

インラック首相時代の汚職事件。腐敗ワースト評価のタイで、国会議員に司法のメスは入れらるのか?!

Byサイト運営

6月 5, 2021

司法長官室 (OAG) は、ナコンラチャシーマーのフットサル競技場の建設で不正行為を行った疑いで、パランプラチャナス党党首のウィラー・ラッタナセー国会議員を起訴することを決定したと地元メディアは伝えています。

6月5日、ウォンサクン・キティプロムウォン司法長官は、ウィラー・ラッタナセー議員が、東北地方の都市にフットサル場を建設するための教育省予算から資金を横流ししたとして、起訴されるだろうと述べました。.

ウィラー氏は、パランプラチャナス党を率いる党首で、連立政権の一角でもあります。

ウォンサクン司法長官は、この事件に関与した他の人々も法廷に連れて行かれると述べました。

ウィラー氏は、この訴訟と闘い、法廷で無実を証明する準備ができていると主張しています。

訴訟が裁判所によって受け入れられた場合、判決が出るまで議会の職務を停止させられます。

この告発は、インラック・シナワトラ政権の2012年度の会計記録にまで遡ります。
当時ウィラー氏はナコーンラーチャシーマーのタイ貢献党下院議員でした。

2年後に不正が発覚し、国家汚職防止委員会 (NACC) がこの事件を取り上げました。
2019年NACCは、ナコンラチャシーマーでのプロジェクトの不正行為の疑いで、ウィラーッ氏、妻のタッサニーヤ、妹のタサナポーン、その他約20人を起訴することを決定しました。

これは、ナコンラチャシーマーと他の18県に56カ所のフットサル場を建設するための44億バーツ(約154億円。レートは現在)の予算に関するものでした。

NACCは、2019年8月に彼を起訴する決定の中で、ウィラー氏と他の人々は予算問題に不法に干渉し、ナコンラチャシーマーのフットサル場建設のための資金を転用することにより、政治腐敗に関与したとして非難されました。

問題のフットサル場は建設されましたが、資金不足のため使用基準以下であることが判明し放棄されています。
入札プロセスは、県当局者と密接な関係を持つ民間企業に有利な方法で行われ、フットサル場の費用は1平方メートルあたり330バーツの一般市場価格のほぼ10倍の価格であったと言います。

ウィラー氏の妻は現在、パランプラチャナス党の国会議員であり、彼女の妹はナコンラチャシーマーの議員です。

OAG は、人々からこの訴訟を進めるペースが遅いと批判されてきました。
汚職訴訟部門の局長であるシリヤ・インタマラ氏は金曜日、同部門は起訴状の草案を作成中であり、今月中には完了する予定だと話しています。
起訴される正確な人数はまだ確定していないが、学校長や地方行政組織の指導者も含まれていたと伝わっています。

タイは汚職と不正行為が進む国として、180か国中104位と不名誉な評価を世界から浴びています。
以前、その件についてプラユット首相はメスを入れていくと宣言をしていましたが、果たして英断はなされるのでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP