• 土. 6月 19th, 2021

シノヴァック社製ワクチン接種の翌日に死亡。果たして関連は。。

Byサイト運営

5月 26, 2021

中国製ワクチンは、イチかバチかの代物なのか?!

現在、タイ観光庁あたりが必至になって、7月1日に隔離検疫なしの渡航(当初はプーケットのみ)を認めさせようと、観光地の地元民へワクチン接種を行っています。
そのような最中、事件です。

パンガー出身の43歳の男性は、5月23日日曜日にプーケット空港で最初のシノヴァック社製COVID-19ワクチン注射を受けた後、翌日月曜日の夜に胸痛と心臓発作を起こして死亡すると言った事件が発生しました。

パンガーの保健当局は昨日、男性の死について調査を続けていると述べるに留まりました。

パンガーの保険当局は、スラターニーの医療専門家による解剖を許可するよう男性の家族に要請したと説明しました。

タイ政府は、必死にシノヴァック社製ワクチンの安全性について、プロパガンダをうっています。
しかしながら、多くのタイ人が疑問を感じており、行政担当者らはワクチン接種をした人に特典を付けたりなどし、接種を呼びかける状況です。
タイ政府は、このシノヴァック社製ワクチンの在庫が大量にありますので、先ずは在庫処分が始まることでしょう。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP