• 月. 6月 14th, 2021

バンコク、新たにクラスター5カ所。依然、第3波の震源地

Byサイト運営

5月 20, 2021

バンコク都(BMA)は、都内で新たに5つの新型コロナウイルスクラスター発生個所を発表しました。

新しいクラスターは、本誌でもお伝えした①バンカピ市場、②バンスー地区の倉庫、③チャトゥチャック地区の製氷工場、および④バンコーレームと⑤ドンムアンの建設労働者用の住宅施設となっています。

現在、都内で警戒レベルが最も高いクラスター地区は、ディンデーン、ラチャティーウィー、ラックシー、ドゥシット、ポーンプラープサッタルゥパイ、クローントゥーイ、バーンラック、サトーン、プラナコン、プラウェート、バンコクノイ、ホイクワン、バーンケン地区となっています。
都は、ワッタナー、スワンルワン、チャトゥチャック、ラチャテーウィー地区の4つのクラスターが高アラート地区だと警告しています。

※ワッタナー地区は、通称スクンビットエリアと言われる日本人駐在員が多く住むエリアです。第3波の発生源と言われています。

コントロール下にある可能性が高い8つのクラスターは、タウィーワッタナー(西部県境)、パトゥムワン、サトーン、ポーンプラープサッタルゥパイ、サムパッタウォン、チャトゥチャック、ラートプラーオ、スワンルワン地区と発表されています。

バンコクは、現在もタイの新型コロナウイルス第3波の震源地であり続けています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP