• 土. 6月 19th, 2021

ついに発表!バンコクは、17日月曜日より店内飲食が可能となります

Byサイト運営

5月 16, 2021

ついに発表となりました!

5月15日、官報のWebサイト規約を公開しました。
2005年の緊急事態法における行政の第9条(第23号)に従って発行された発表は、新型コロナの急速な感染拡大状況に一定の結論を下しました。
タイ政府はしばらくの間、流行を制御するために営業の制限などを設定しました。

今回は、以下を含むいくつかの管理措置を緩和する必要があるという考えに至りました。

2021年5月17日月曜日に発効するこの命令により、最も高度に最も厳しく管理された区域、つまりダークレッドゾーンが、以前の6つの区域から4つの区域(バンコク、ノンタブリー、パトゥムターニー、サムットプラカーン)に減ります。

チョンブリーは「レッドゾーン」へ、チェンマイは「オレンジゾーン」へと警戒レベルが下がりました。

またバンコクなどの「ディープレッド」ゾーンでは、21時まで25%の定員で店内飲食が、23時まで持ち帰りが許可されます。
チョンブリーなどの「レッドゾーン」では、23時まで店内飲食が許可され、「オレンジ」ゾーンでは通常どおり食事を楽しめます。

引き続きレストランでのアルコールの販売は禁止されており、バーや娯楽施設は全国で閉鎖されたままでなければなりません。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP