• 月. 9月 27th, 2021

2021年1月からタイ入国の際は観光費用300バーツを徴収するとタイ観光大臣

Byサイト運営

5月 7, 2021

タイは、2022年1月より海外からタイに到着するすべての訪問者に対し、300バーツ(約1050円)の観光料金を徴収します。

タイの観光スポーツ大臣ピパット氏は、300バーツの料金は観光業界が将来の予期せぬ問題や困難に対処するのに役立つ観光基金の創設に向けられると説明しました。

ピパット氏は、タイが2022年に2000万人の観光客を引き付けることができれば、約62億バーツが基金のために生み出される可能性があると述べています。

観光料金を導入する提案は、2019年に最初に議論され、2021年1月に国家観光政策委員会によって正式に承認されました。

料金の背後にある考え方は、生成されたお金は観光名所の管理に使用されるだけでなく、無保険の観光客の医療費をカバーするのにも役立つというものでした。

2019年、日経アジアの報告によると、タイの病院での観光客からの未払いの医療費は4億4800万バーツに登ると言われています。

昨年タイのメディアは、300バーツのうち34バーツがこの保険に使われ、残りは維持開発の観光地に使われると提案しています。

動物園など、維持費のかかる施設にもエサ代が賄えるように補助金を出してあげて欲しいものですね。
そうであれば、300バーツくらい徴収しても良いと思います。
誰かの懐に入るようなシステムだけは勘弁ですが!

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP