ソンクラーン期間はお出かけにご注意!1200の検問ポイントを設置し、交通事故5%減を目指す!

photo by The Nation Thailand

タイ王国国家警察庁(RTP)は、飲酒運転を抑制するために少なくとも道路に1,200の検問所を設置し、新型コロナのスクリーニングも行います。

国家警察署長は、来週の長いソンクラーン休暇中の交通事故を、過去3年間に記録された数値から少なくとも5%削減することが目標であると述べました。

この会議には、入国管理局、高速道路警察、国境警備隊の警官、観光警察の1,400人以上の監督者と警官が出席しました。

特に懸念されるのは、ミャンマーなどから違法に入国しようとしている人々で、ウイルスを持っている可能性があり、観光地や夜の娯楽施設で労働者として雇われる可能性があります。

全国の警察署も、祭りの期間中、交通業務を処理するのに十分な人員を確保するように命じられています。

副署長によると、少なくとも350万人が、4月9日から11日の間にバンコクから他県に向かい、4月15日から18日にバンコクに戻ると予想されています。

今年のソンクラン祭りは、休日が長いため、平年よりも多くの人が移動する可能性が高いと彼は語りました

飲酒運転者を捕まえるために合計1,200の道路検問ポイントが設置され、他の1,700のチェックポイントが他の交通規制を施行するために配置されます。

事故は、飲酒運転者だけに降りかかるものではありません。
もらい事故というのもありますので、ソンクラーン期間中お出かけを計画の方は十分に気を付けて下さい。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします