• 月. 9月 20th, 2021

人気僧侶が、度重なるプラユット首相批判で処分に。

Byサイト運営

5月 5, 2021

5月4日、タイの人気の僧侶であり説法者であるバンコクのソイトン寺院のマハ・ソンポン・タラプット僧侶は、不適切と思われる政治的意見を表明したとしてサンガ最高評議会によって過失が認められた、とアヌシャーナカサイ代表は述べました。

ユーモラスな説法で皮肉な政治的雰囲気を持っていることでよく知られている僧侶も、ソーシャルメディアで液体肥料を宣伝していることが評議会によって発見されました。

アヌチャ氏は、タイの新型コロナウイルスの状況に対する政府の対応に対してマハ・ソンポン氏が出した最近の批判についてサンガ最高評議会で審議するよう仏教国立事務所に指示したと述べました

評議会が僧侶に対して判決を下したので、彼は仏教の国立事務所がソイトン寺院の修道院長と地方の僧侶に頼み、そのような違反が繰り返されないようにして欲しいと述べました。

マハ・ソンポン氏は、彼の信者への説法や公の場で、プラユット首相に対し独自のスタイルで定期的に批評をしていました。

いくら人気のある僧侶とは言え、政教分離の鉄則は守るべきでしょうね。

タイニュース・クロスボンバーの最新情報をお届け

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP