【タイ】インドからの訪問者は入国拒否。どうなる日本人インド駐在員!

すでに10月に検疫なしに外国人を迎えるなど、全く想定できる状態ではないと思いますが…。

タイは、深刻なコロナウイルス状況のため、インドから到着するすべてのインド人およびその他の外国人が入国することを禁じました。

4月25日、新型コロナウイルス状況管理センターのスポークスマン、タウィーシン博士は、タイがインド国民とインドから到着する外国人の入国証明書の発行プロセスを延期したと発表しました。
この文書は、タイに来る予定のすべての人に義務付けられており、この文書なしに入国することはできません。

タウィーシン博士は、インドからのタイ人帰還者のみがタイ入国を許可されています。

インドではコロナウイルスの感染状況が悪化し、連日30万人以上の新規症例と数千人の死亡者が記録されているため、今回規制するに至りました。

さらにタウィーシン博士は、新型コロナから逃げるために裕福なインド人たちが、タイへのチャーター便で乗り付けているという噂について否定しました。
インドからタイへのチャーター便はなかったと、彼は述べています。

インドに駐在する日本人の方は買い物休暇というものがあり、その休暇を利用してタイで食材を購入して、まだインドに帰るというルーティンがあります。
インドでは宗教的な問題もあり、手に入りにくい食材などがあるため、多くのインド進出日系企業では、それを福利厚生として認めています。
そういったこともできなくなると、ただでも大変なインド駐在生活が、さらに過酷なものとなることでしょう。
インドは全く感染対策をせず、このような事態を招いているようですが…、ホント困った国ですね。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします