【中国が認める!】中国製ワクチンは効果薄。

北京のAP通信によりますと、非常に稀なケースとして中国が自国のコロナウイルスワクチンの効果が薄いことを認めたと伝えられています。
国の最高の疾病管理当局者は、(中国製)ワクチンの有効性は低いと述べ、政府はそれらを後押しするためにワクチンを混合することを検討しているとのことです。

中国のワクチンは「非常に高い防御率を持っている」と中国疾病管理センターの所長、高福は土曜日に成都の南西部で開催された会議で述べました。
北京では、欧米が開発したワクチンの有効性についてのネガティブキャンペーンを助長しながら、他の国々で自国のワクチンを何億回分も配布してきました。

「現在、予防接種プロセスにおいて、異なる技術の異なるワクチンを使用すべきかどうかが正式に検討されています」とガオ氏は述べています。
症候性感染症の予防における中国の開発者であるシノヴァック社製のコロナウイルスワクチンの有効率は、ブラジルの研究者によって50.4%と低いことがわかっています。
比較すると、ファイザーが製造したワクチンは97%の効果があることが判明しています。

北京では、中国で使用するための外国製のワクチンをまだ承認していません。

ガオ氏は、戦略の変更の可能性について詳細を述べなかったが、中国の製薬会社が伝統的な技術を使用していたのに対し、西洋のワクチン開発者が使用した以前の実験技術であるmRNAについて言及した。

「誰もがmRNAワクチンが人類にもたらす利益を考慮する必要があります」
「すでにいくつかの種類のワクチンを持っているという理由だけで、それらを無視してはなりません。」とGaoは言います。

ガオ氏は、以前にmRNAワクチンの安全性について質問をしました。
新華社通信によると、12月には健康な人に初めて使用されたため、負の副作用を完全に排除することはできなかったとのことです。

中国のマスメディアや有名な健康と科学についてのブログでも、mRNAを使用するファイザー製ワクチンの安全性と有効性に疑問を投げかけています。

ガオ氏によると、4月2日の時点で、約3,400万人が中国ワクチンに必要な2回の服用量の両方を接種し、約6,500万人が1つのみを接種しています。

専門家は、ワクチンの混合、または連続予防接種が有効率を高める可能性があると言います。
世界中の試験では、ワクチンの複合や、より長い期間をおいた後に追加接種を与えることを検討しています。
英国の研究者は、ファイザーとアストラゼネカのワクチンの可能な組み合わせを研究しているといいます。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします