国際的に非難も上がった肥満猿のゴジラ。国立公園局の管理下に

3月25日木曜日、ペットのカニクイザルは肥満体系で有名になり、彼を野生に戻すことができるように県の野生生物当局によって連れ去られました。

国立公園局の職員は、ゴジラ(カニクイザルの名前)を厳格な食事療法にかけ、野生にもどれるように、ミンブリーの市場で買われていたでゴジラを収容しました。

ゴジラは、通行人から餌を与えられ続け、20キロという規格外の肥満姿を公に晒すこととなりました。
それは、国際的にも非難を受けることとなりました。
彼の年齢で健康なオナガザルの体重は、通常8〜10キログラムです。

所有者のマノップさんは、生後3年8か月のカニクイザルであるゴジラが家族を離れることに心を痛めていました。
「彼は私にとって息子のようなものです」とマノップさんは袖の涙を拭きながら言った。

ゴジラのリハビリを手伝った野生生物関係者のプワナック氏は、サルは非常に肥満状態にあり、できるだけ早く食事療法をとる必要があると述べた。
家族はゴジラを訪問することは、許可されるだろうと彼は言いました。

2017年には、同様に肥満状態にあった「ルンウアン(肥満おじさん)」という名前のカニクイザルも、人間の食べ物を食べたために体重が増え、体重のリハビリが必要となり当局に受け入れられました。

タイの屋台などに住み着いている地域犬なども、ドラム缶のような体系になり、歩くこともままならない状態で本当にかわいそうで見るに堪えません。
残飯のやりすぎ(特に米)でああなってしまうのでしょうが、良いと思ってやっていることが本当は虐待でしかないということを分かってもらうにはどうしたらよいのでしょう。
タイの子供でも、既に規格外の体系をした容姿をしている子を見かけますが、本当に子供の将来を考えてあげているのでしょうか。
疑問しか残りません。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします