またまた30名規模のクラスター発生!バンコクとサムットサコーン県境工場

写真はイメージです

また新たなクラスターが発生しました。

3月19日にラチャピパット病院で検査を受けた2名の患者に陽性反応が出たとして、勤め先であるバンコクとサムットサコーンの県境(住所はバンコク)ラマ2地区の工場の従業員を調査しました。

すると215人中、28人がさらに新型コロナウイルスの陽性であったことが判明しました。

他の高リスク接触者も隔離が推奨され、対応しているとのことです。

まだまだ断続的にクラスターが発生しています。
4月1日から外国からの訪問者に対して隔離期間が短縮されますが、果たして大丈夫でしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします