• 火. 8月 3rd, 2021

♬オーダーブッフェ始めました~「和牛焼肉三休(SANKYU)」シーナカリン店

Byサイト運営

3月 3, 2021

バンコクでも日本スタイルの焼肉店軒並みあれど、高級店の暖簾は簡単にくぐれない。
リピート店は、ある程度リーズナブルじゃないとね。

そんな価格設定とそのクォリティが受けたのか、スクンビットで多店舗運営を行っている「和牛焼肉三休(SANKYU)」。

日本の焼肉有名店「叙々苑」で13年間働いていたタイ人オーナーが2017年にオープンさせて以来、「ランチがアツい!」と日本人駐在員の奥様に評判となり、支店を瞬く間に増やす人気店へと上り詰めた。

現在、公式フェイスブックによりますと、「和牛焼肉三休(SANKYU)」として、SK23店、SK39店、メトロポールレジデンスホテル店(SK39)、タカタウン店(SK39)、シーナカリン店の5店舗、その他に「ステーキ三休」など系列店もあるようだ。

その中でも異色の店舗シーナカリン店を、今回はご紹介しよう。

前述の通り、「和牛焼肉三休(SANKYU)」は、ランチで人気に火が付き、夜も盛況となったのだが、シーナカリン店ではランチはやっていない。

ここの売りは、なんと「食べ放題」、オーダーブッフェ営業を行っているのだ。

日本スタイルの良質なSANKYUのお肉を、お腹いっぱい心行くまで、しかもリーズナブルに食べることができる、正にお肉界のワンダーランドなのだー!

料金設定は3種類。
①399バーツ ②599バーツ ③999バーツ。(税サ込)
※写真はクリックで大きくなります

今回は①399バーツを先ずはお試しで。

正直、タイ人が行くようなブッフェだともっとバラエティに富んでいて、いろいろな物が味わえたりする。
①399バーツのコースは、若干種類が少なめだ。

それでも、タイのムーガタやタイしゃぶのお店などとは比べ物にならないくらい、肉質が違う。
しかも、厚切りだから肉肉しいお肉が、しっかりと味わえるのだ。(タイのお店のお肉は、焼肉用でもペラペラで出てくるのだ)

普段、他の店舗だと100g強のお肉とのセットランチが200バーツ強するから、お肉2人前、もしくは3人前食べれば軽~く元がとれてしまう値段設定なのだ。

カルビ3人前

しかも、ソフトドリンクやアイスもお代わり自由で、野菜やビビンバなんかも頼みたい放題。
さらにお店のもう一つの売り「叙々苑」スタイルのサラダも食べ放題。
もちろん、肉厚のカルビや中落ちタンを引き立たせるには十分な内容なのだ。

いや、これ絶対お得でしょ。

場所が、シーナカリン道路沿いにあって、車でのアクセスが必要なので、タイ人価格で勝負しているのでしょうけど、それでも絶対安すぎます。
これ、まだ認知度低いから、今はこの価格でやってるかもしれないけど、もっと認知度出て来たら価格あげるかもしれないな。
行くなら今のうちかもしれん。

率直にそう思えるクォリティでした。
クロスボンバー編集部、超お薦めの焼肉店です。是非お試し下さい!

「和牛焼肉三休(SANKYU)」シーナカリン店

住所:718, 13 Srinagarindra Rd, Khwaeng Suan Luang, Suan Luang, Bangkok 10250
営業時間:11時00分~15時00分、17時00分~22時30分(変更の可能性あり)
連絡先:062-419-2999

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP