• 木. 6月 24th, 2021

外国人コンドミニアム購入者により長いVISAを。

Byサイト運営

11月 2, 2020

新型コロナの世界的な大流行は、これまでの多くの経済システムに変更を余儀なくされてきました。
ただこれは世の中のシステムを変えるチャンスとも言えます。
クロスボンバー編集部ではコロナ流行中の4月時点より、新型コロナで世界システムが変わるので現在の観光産業に固執せず、業態の変化が必要だと主張して参りました。
新型コロナを早期に封じ込め、後顧の憂いを絶ってのち、「安全な国」をセールスポイントに経済の回復に邁進すべきだとも言って参りました。
世の中的にも、ようやくそのような論調となってきているようです。

地元メディアによりますと、
タイのコンドミニアム協会と民間の起業家は、タイ政府に対し外国人投資家が少なくとも500万バーツでコンドミニアムを購入した場合、より長いビザステータスを提供することを提案しています。

タイの外務省代表は10月24日の開発者との会談後、当初、外国人に500万バーツのマンション購入に対して5年間のビザを与えるという提案がなされたことを明らかにした。

不動産投資家に朗報!=コンドミニアムを購入してタイランドエリートカードを取得しよう!=プロジェクト

タイコンドミニアム協会の会長であるApha Atboonwong博士は、
「外国人観光客の約10〜12%、特に中国人は、タイ国内でマンションを購入することに関心を示していますが、ビザや不動産書類の複雑な手続きを進めていません」と述べました。
タイ経済では、外国人観光客からこれまで得ていた収益の損失を補うために、このビザ延長要求は良い解決策であると信じられています。

フェニックス不動産開発コンサルタントのマネージングディレクターであるSurachet・Kongcheepは、
タイ政府は新型コロナ危機封じ込めに成功し、安全な国として世界的な評判を維持し、それを独自の「セールスポイント」に変えるべきだとマスコミに語りました。
旅行で外国人投資家たちを引き付け、タイ国内に投資してもらいます。

彼は次のようにも述べています。
「したがって、外国人投資家を不動産に投資するように誘致していくことは、一般的な観光産業の崩壊時に、より多くの収益を生み出す1つの方法です」

「特定の条件下で最大270日間この国を訪問したい場合は、現在の入国要件に従って、タイでコンドミニアムを所有していることを確認する所有権証明書を提出する必要があります。
これはまた、タイに長く滞在するために、より多くの外国人を国内に引き込み、国内にいくつかの不動産を所有する結果になると思います」

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP