日系工場も多いバンプー工業団地のプラスティック工場が爆発炎上

photo by The Natiojn Thailand

2月19日金曜日にサムットプラカーン県の「Thai Jaroensub Plastic Co Ltd」で火災が発生し、30台以上の消防車が3時間以上かけてようやく鎮火しました。

バンプー警察署は、金曜日の正午ごろ、ソイテッサバンバンプー88で火災の通報を受けました。
バンプー市と近隣地区の消防車は、プラスチックリサイクル工場の2つの建物から発生する炎と戦わなければなりませんでした。

工場所有者から伝えられるところによると、ソムチャイ・スワンは、プラスチック製の溶解機から爆発が発生し、200リットルのドラム缶にシンナーと油圧オイルを貯蔵している近くの建物へと急速に飛び火し、その後さらに爆発したと述べています。

ソムチャイ氏は、両方の建物も溶解機に入るのを待っているプラ​​スチックビーズで満たされていると付け加えました。
これらは非常に発火しやすい燃料であり、消火をさらに困難にしていました。

消防車は水と消火剤を噴霧しましたが、それでも完全に炎を消すことができませんでした。
しかし、火災が他の建物や近隣のコミュニティに広がるのを防ぐことだけはできました。

報告の時点で死傷者の報告はなく、総被害額は1,000万バーツ(約3500万円)を超えると推定されました。

雨が降らない乾季には火事が発生しやすくなっています。
みなさんも火の元にはご注意ください。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします