【タイ】新たな観光立国の時代到来か。「ヴィラ検疫」始まる

「♬お金さえあれば~何でも手に入る~」
これは数十年前に放映していた子供向け番組「プリンプリン物語」に出てくる世界お金持ちクラブのテーマソングですが、世の中そんな風潮ありますよね~。

タイは、特定の外国人観光客グループをターゲットにしています。
それはお金持ちの人たち。

21日日曜日には70人の外国人観光客が到着する予定となっており、政府のスポークスマンは彼らが「別荘の検疫」を受ける最初の人になると述べています。
彼らはプーケットの高級リゾートで隔離検疫を行います。

ブラジル、カナダ、フランス、デンマーク、ウクライナ、米国からの70人の訪問者のグループはすべて裕福な方々です。

14日間の検疫期間の最初の5日間は、観光客はプーケットの5ツ星スリパンワーホテルの客室に滞在します。
残りの滞在中、訪問者はリゾート全体の施設も利用可能となります。

タイ政府は昨年、「別荘検疫」措置を承認しましたが、実際にこの検疫の利用者を受け付けるのはこれが初めてです。

この所謂「ヴィラ検疫」が成功した場合、つまり新型コロナの症例が発生しなかった場合、または感染を効果的に制御できる場合、私たちは新しい時代の観光スタイルを迎えることになります。

「お金持ち」になりたいですね~。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします