オンヌット駅近くにある『YELLOW ROOF』で違法にアルコールを提供。緊急事態令違反で13人が検挙

プラカノン警察によると、2月11日バンコクで違法にアルコールを提供していたとされるレストランで13人が逮捕された。

オンヌット駅近くにある『YELLOW ROOF』では、バーが合法的に開店できるように適切な免許の元ムーカタスタイルのレストランに変更し、屋上のバーカウンターで違法にアルコールを提供していたと言います。

バーが開いていてアルコールを提供しているとの情報が、プラカノン警察署に通報された後、強制捜査となりました。
ちなみにプラカノン警察からは、徒歩10分くらいの場所にあります。

バンコクは現在、新型コロナによりアルコール販売は制限が設けられ現在禁止となっています。
ナイトクラブ等は閉鎖する必要があります。

さらに、そこでは複数の顧客が、ソーシャルディスタンス違反、マスク不着用、パーティなどの集会の禁止に違反していることが判明したとされています。

合計13人が逮捕され、高額の罰金の可能性や重大な懲役の可能性など、厳しい罰則を含む緊急法令に基づいて起訴されると言います。

2月よりある程度規制は緩和されましたが、バンコクは現時点で未だ高度に管理されたゾーンのままとなっています。

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします