BTSスカイトレインの運賃値上げは棚上げに。

BTS

2月8日、バンコク都(BMA)は月曜日に、グリーンラインBTSスカイトレインの運賃の値上げをルート全体で最大104バーツする案を延期するとしました。

BMAは1月15日に、一部のグリーンラインルートの運賃を駅ごとに3バーツ引き上げて最大運賃を104バーツするという新料金体系を、2月16日に発効すると発表していました。

BMAが一部のグリーンラインルートの運賃を引き上げるグリーンライン延長ベーリン駅からサムットプラカーン駅まで、およびモチット駅からクコート駅までの区間は、2018年4月3日から一部が運航され、ルート全体では12月16日に開通しました。

BMAは上部の区間では追加料金(無料)を徴収していませんでした。

バンコクマストランジットシステム [BTSC]に96億バーツの遡及運用料金、並びに元の運賃300億バーツを市役所が支払わない限り、前述の新料金に値上げされることになっていました。

2月8日バンコク都のアスウィン知事が署名した内容によると、新型コロナで疲弊した人々の家計に影響を与えることになるため、政府はBMAに運賃引き上げを延期するよう命じたと述べました。

したがってBMAは、グリーンラインスカイトレインの運賃の引き上げを無期限に延期することを決定しましたと述べています。

最初からそうしなさいよ、って声が聞こえてきそうです。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします