【動画あり】時速100キロのバイクと中央車線から左折のソンテウが接触事故。どっちが悪いの?

バンコク郊外のサムロンエリアにあるスクンビット通りソイ78で、ソンテウとバイクの衝突事故が起こったと警察に通報が入りました。

善良な市民によって、重傷を負ったカノックパン(36歳、タイ人女性)は病院に連れて行かれました。

ニコラスE.、44歳(国籍不明)は、頭部外傷と膝と肩の負傷のために現場で華僑報の医療従事者によって治療されていました。

近くの歩道で見つかったのは、バンコクのナンバープレート付きスズキハヤブサ1340ccでした。
その正面は押しつぶされていました。

衝突したサムロンソンテウの方も損傷がありました。
ソンテウの運転手は、バイクが時速100 km近くで走行し、曲がっているときに彼と衝突したと証言しています。

バイクタクシーの男がメディア証言したところによると、バイクは左車線にあり、ソンテウは中央車線を走行中に、ソンテウがスクンビット78のソイに入ろうとして衝突したと言います。

筆者の家の近くで起きた事故だったので取り上げましたが、タイは右車線にいたかと思えば左折してきたりしますので、中央車線から左折してきたソンテウも悪いですが、法定速度を無視したバイク運転手もどっちもどっちですかね。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします