まねきケチャを育てた「末益涼太」氏がタイでアイドルをプロデュース!~フリンジコーポレーション

 

2月1日、新型コロナの規制が緩和され世の中がまた一歩づつ日常に戻ろうとしようとした最中、タイ・アイドル界に人々の虚を突いて流れ出たオーディション情報、それが『フリンジコーポレーション(Fringe Corporation)』のアイドルオーディションだ。

ただ正直この手のアイドルオーディションは、BNK48の成功をきっかけに雨後のタケノコのように出ては消えを繰り返し、最終的には金持ちヲタクの慰み者グループなんじゃないかというような結成だけしたようなグループさえいたので、少々食傷気味となっていた。

しかしこの『フリンジコーポレーション』、オーディションの告知ポスターに気になることが記載されていたので、ずっと気になっていた。

 

タイ語で、まねきケチャやナナランド、BanG Drream!、うたの☆プリンスさまっ!♪を手掛けた日本のプロデューサーが関係してくることが臭わされていたからだ。

そしてその具体的な陣容が、2月6日『フリンジコーポレーション』公式フェイスブックで明かされることとなった。

やはり前述のアイドルグループをプロデュースしてきた、合同会社からまて、Color Material代表の末益涼太氏(すえくん)がプロデューサーと就任するとのことだ。
末益涼太氏が手掛けたアイドルの中でも、「まねきケチャ」はタイでも何度かライブを行っており、タイ人にも非常に人気の高いグループとして実績がある。

この点一点だけだも、非常に期待感をつのらせてしまう。

タイ側の陣容も大物揃いだ。

先ずは、youtube再生回数2億回を超す2019年の大ヒット曲『ラックティットサイレン~รักติดไซเรน (My Ambulance)』(KAMIKAZEレーベル)や『ラックチャンリアックワー・ター~รักจันเรียกว่าเธอ』の音楽プロデュースを務めたDemolabの『エーフー』先生。
タイ人にヒットするポイントを熟知していることだろう。

 

ダンスコーチには、フィニー先生を迎えます。
国内外で経験の豊富な若いダンス教師で、有名アーティストの作品にも参加しています。
B HOUSE STUDIOのオフィシャルパートナーでもあります。

ボイストレーナーには、テレビ番組「The Star 5」から勝ち上がり、「The Mask」にも出演を果たしたことで有名となったギン先生が担う。

新たにアイドルになるメンバーたちに、知識と良い経験を与えてくれることでしょう。

もう一人のボイストレーナーは、RS所属のジョー先生。
20年近く行ってきたアーティストへのボイス指導は定評があり、タイ人アーティストの成功の影に「ジョー先生」ありと言われているのだとか。

ちなみに前日の『エーフー』先生が所属するKAMIKAZEは、RS社のサブレーベルだ。

このような大護送船団方式でアイドルをデビューさせようという意気込みは、同時期に誕生する「ラストアイドル・タイランド」と双璧となるかもしれない。
オーディション内容に「J-Pop音楽や日本文化に興味がある。」という一文が入っているのも好感が持てる。

地下系のタイのアイドルたちは、申し訳ないが、コンセプトが薄いアイドルが多く、日本に寄せたいのか、韓国に寄せたいのか、どこに行きたいのかさっぱりわかんなくなって、その内メンバーが辞めはじめ空中分解するケースが多かった。

クロスボンバーでは、BNK48、CGM48を筆頭に、「ラストアイドル・タイランド」、そして『フリンジコーポレーション』がプロデュースするアイドルに期待していきたいと思う。

オーディション内容詳細 : http://bit.ly/3j53QGh
オーディションお申込みフォーム : http://bit.ly/2YvD28P

Facebook : Fringe Corporation

Instagram : fringecorporation

Twitter : @fringe_corp

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします