タイ中北部の街ピチットで花火工場が大爆発。4名死亡、1名が行方不明に。

2月4日、タイ中北部の街ピチットで、花火工場が大爆発を起こし、少なくとも4名が死亡し、1名が行方不明になっています。

ピチット県のサクレク警察は、大火事とそれに続く爆発の通報を受け現場に到着し被害状況を確認すると、近くの6軒の家屋に損害を与え4名の地元住民が死亡したことが判明しました。

故人の一人は工場所有者の息子であり、他の人は彼の従業員でした。
行方不明者は、所有者の母親であると伝えられている81歳の女性です。
行方不明の女性を捜索するために、より多くの警察が配備されました。

ピチット県知事は、工場は実際には迷い動物を追い返すための小さな花火を作るために使用された廃屋であったと語りました。

その後、警察と関係者らに、家を失った人々のための一時的な宿泊施設を含む、影響を受けたすべての村人を助けるための補償するように訴え、警察に花火事業に関与した人々を調査して尋問するよう促したとのことです。

火事は一瞬にして全ての物を奪っていきます。
改めて火の元にご注意ください。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします