タイ観光スポーツ省&観光庁「ワクチンパスポート」で4月に観光客受け入れを目指す!

 

File photo: Travel Daily

タイ観光スポーツ省は、ワクチン接種を受けた外国人は現在義務化されているタイ到着後の14日間隔離検疫を必要とせずに入国できるよう画策に必死の様相だ。

2月2日、観光スポーツ大臣のピパット氏は、4月中旬または遅くとも5月のソンクラン祭りの後から、今年は500万から1000万人の外国人観光客がタイに入国することを目指していることを明らかにしました。彼はさらに、1000万人に達するまでマレーシア、中国、インドのように国の制限を遵守すると付け加えた。

大臣は、バンコク、チョンブリー、チェンマイ、プーケット、クラビー、スラターニー、ソンクラーを中心に、観光部門で働く人々にワクチンを接種するために、500万回分の抗新型コロナウイルスワクチンを首相に要請すると述べた。

一方、タイ国政府観光庁の知事ユタサック氏は、外国人観光客をタイに引き付ける方法を模索している。
彼らのアイデアの1つは「ワクチンパスポート」だ。
これはすべてのASEAN諸国の国内観光組織間で標準化し、合意することができる。

このような「ワクチンパスポート」を所持している人は、14日間の検疫を受けることなくASEAN諸国間を移動することができるとする。
TAT知事はまた、外国人旅行者が今年の第3四半期(9月)までにタイに来ることができると予想しています。

一方、マイナー・インターナショナルの企業グループの会長であるウィリアム・ハイネッケは、次の4つの提案を含む公開書簡を首相に送ると述べた。

①客室乗務員、パイロット、ホテルスタッフ、検疫施設として使用されているホテルで働くスタッフは、医療従事者と同じように最前線の職員と見なされるべきであるため、観光部門で働く従業員は最初のフェーズで接種されるべきです。
②ワクチンの取得プロセスはまだ遅く、全人口に接種するには不十分であるため、政府はアストラゼネカとシノバック以外の追加の企業からワクチンを取得することを検討する必要があります
③接種を受けた人は、14日間の検疫を受けることなく、国内および海外の両方で自由に旅行できる必要があります。
④外国人観光客の入国を許可するために、ワクチンパスポートを実施する必要があり、プーケットはこのシステムを実施する最初のエリアである必要があります。
成功した場合は、サムイ島やパタヤなどの他の観光依存地域もシステムを実装する必要があります。

とりあえず観光客を入れろ的な結果ありきの強引な手法にしかみえませんが、そこまで急いで外国人観光客を受け入れたとしてもまたそれが引き金にコロナが蔓延した際、国が混乱の極みに陥るだけだと思うのですが、みなさんはどうお考えでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします