【タイ】BTS2月16日から運賃が最大で104バーツに値上げ。もしくはストライキに突入か?!

バンコクマストランジットシステム(BTS)は、バンコク都に最後通告を与えています。
300億バーツ以上の債務を返済しないと、首都圏を走るBTSスカイトレインのグリーンラインが閉鎖されることになるでしょう。
BTSはバンコク都に対し、財政を整えるための猶予期間として60日を与えています。

政府は、グリーンラインの運営に関連して96億バーツ以上の賃金の負債を負っており、2018年以降、合計で200億バーツ以上の列車のオペレーティングシステムなどの費用を滞納しています。

バンコク都は先月、債務を返済するために、BTSスカイトレインのグリーンラインの最高運賃を65バーツから158バーツに引き上げると発表しました。

庶民のランチが40バーツ~50バーツの物価に対し、高すぎるとの反発の後、当局は通勤者の負担を軽減するために、運賃の上限を104バーツまでとすると変更しました。
それでも高すぎる新しい運賃は、2月16日に展開される予定です。

多くの人が値上げに反対し、鉄道運輸局は市当局に最高運賃の上限を一時停止するよう求めています。

鉄道はメンテナンスにお金がどうしてもかかり、今の利用人数で黒字を出すのは運賃をべらぼうに釣り上げる以外、非常に困難です。
国家プロジェクトとして、国が支えない限り成り立たないのは自明の理であり、他に選択肢などありません。
タイが近代国家として認められていくかどうかは、こういったところのかじ取り次第にもよるところが大きいのではないでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします