バンコクの大動脈BTSスカイトレイン運賃値上げに、鉄道局が「待った!」

やはり反発は大きかったようです。

タイ鉄道局は、バンコク都(BMA)に、グリーンラインの電車の運賃を現在の最大65バーツ(約227円)から、2月16日の時点で最大104バーツ(約364円)に引き上げる計画を延期するよう要請しました。

役所に送られた手紙の中で鉄道局は、運賃問題を議論するために、今週暫定的に予定されている会議にBMAと他の関係機関を招待しました。
鉄道局副局長のキティファン・パルンチャン氏は、現在多くの通勤者が新型コロナによりすでに大きな打撃を受けている時期に、運賃の値上げをするのは多くの通勤者に影響を与えるため、会議をできるだけ早く開催し話し合いたいと述べました。

新型コロナパンデミックによって引き起こされた経済危機。
キティファン氏は、2018年11月26日の内閣決議を引用し、グリーンライン鉄道ルートの延長の資産と負債をBMAに譲渡し、行政と鉄道局が共同で運賃を設定する必要があると主張しました。これは適切であり、通勤者に負担をかけさせません。

オフィスワーカーでも、ランチを一般的なタイ料理で済ませる場合、50バーツ前後で十分済ますことができる中、片道最大65バーツの運賃でも庶民には負担となっており、時間がかかってもバスなどを利用する人も多い現状です。
確かに電車はメンテナンスに相当費用が掛かる乗り物で、近代国家にはなくてはならないものだと思います。
ここはやはり国が動いてくれなくてはいけないのかもしれません。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします