カンチャナブリー県内のホテル全館閉鎖へ。タイの新型コロナへの大胆な対策続々

クエー川の夕日

カンチャナブリーと言えば、バンコクから車で3時間程度、隣の国ミャンマーと接する国境の街。
エラワンの滝で有名な国立公園や映画「戦場にかける橋」でお馴染みのクエー橋など、観光名所が豊富な日本人にもタイ人にも人気のエリアです。
そのカンチャナブリーも新型コロナの影響には勝てませんでした。

タイ西部のカンチャナブリー県知事は、新型コロナの蔓延を防ぐため1月14日をもって、すべてのホテル、リゾート、関連する宿泊施設を閉鎖するよう命じました。

違反者は多額の罰金と懲役刑が科せられるとのことです。
この県は観光客に人気があり、他県から人が流入すれば新型コロナ第2波の感染拡散を促進する可能性があることを考慮した措置になります。
唯一の免除されるのは、地元の検疫としてまたは他の新型コロナ関連事項に関して当局によって使用されるホテルのみが営業可です。

人々は緊急法令に違反したとして最大2年間投獄され、40,000バーツの罰金が科せられ、その他の法律を違反した場合では1年の期間と10万バーツの罰金が科せられます。

本日政府スポークスマンのタウィーシン博士も、効果が出始めつつあるとも言っていましたので、とかく早め早めの措置で、新型コロナを早期に封じこめ、経済に邁進できる環境を整えましょう。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします