【注意】パタヤで緊急事態令!業種や行動が制限されます

パタヤ、バンラムンエリアを中心にチョンブリー県では、一部の業種の営業が制限される「緊急事態令」が発令しました。

チョンブリー県知事は、パタヤ、バングラムンエリアを中心に行動制限の強化を命じました。

30日水曜日に出された命令によると、新型コロナ感染拡大を阻止するためにすべてのショッピングモールが閉鎖されることになりました。

セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニエンスストアは、22.00から朝5.00の間は休業となります。
ショッピングモール内では、スーパーマーケット、薬局、銀行、携帯電話ショップは営業が許可されています。
飲食店では、持ち帰りのみを提供することが許可されています。

すべてのバー、マッサージショップ、ナイトクラブの営業は不可となります。
公共の公園や屋外の運動エリアと同様に、公共のスイミングプールやジムも閉鎖する必要があります。
学校やウォーターパーク、アミューズメントパーク、観光名所、劇場も閉鎖を命じられました。
すべての学校と教育センターも閉鎖されます。

すべての美容師とスパは閉鎖、理髪店とヘアサロンが今回の制限に該当しているかどうかは明確ではありません。

ゴルフコースやビーチエリアが、制限に含まれているかどうかは明確ではありません。

懇親会や、家やコンドミニアムでのパーティーも禁止されています。

アルコールの販売については明記されていません。

本日30日に、当局がタイで合計250件の新規感染者報告をしたことに起因しているとのことです。
(チョンブリー県内だけで108人)

この情報は現時点のものですので、状況によりさらに制限が強まる可能性もあります。
期間は、本日から無期限です。(状況の改善により解除)

フェイクニュースに気を付けながら、情報収集に努めて下さい。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします