• 日. 7月 25th, 2021

【タイ】現場では既にパニック発生か?!犬猫のように捨てられる外国人労働者たち

Byサイト運営

12月 23, 2020

サムットサコーン県で起きた魚市場内での大規模なクラスター感染により、いささかパニックの様相を呈してきました。

12月22日。ミャンマーからの移民労働者と思われる団体が、バンプリー地区のバンナートラッドロード沿い、ソイグリーンレイクの入り口で、雇用主により捨てらると言う事件が発生いたしました。
全員、正式な入国許可証を所持しておりませんでした。

大方に味方としては、サムットサコーン地区で起きた大規模クラスターがきっかけとなり、違法に外国人従業員を雇っていた雇用者が、処罰やコロナにかかる費用を恐れ、これら従業員を処分しようしたものとみているようです。
彼らの雇用主が誰かは、現在調査中とのことです。

犬猫でも道端に捨てるのは許せませんが、人を置き去りに、しかもご丁寧に他県まで来てこのようなことをする業者は許せませんね。
ネット内でのコメントでは、ロックダウン中のサムットサコーン、さらにサムットプラカーンでも昨日よりロックダウンが宣言された中で、夜中に易々と移動ができたのかそちらを追及する声も上がっています。

この問題は、タイの様々な社会問題も浮き彫りにしています。
新型コロナで失業者が多く出ているにも関わらず、ミャンマーなど周辺諸国からの出稼ぎ労働者を雇用しなければ、経済が回らない状況下にあること。
正規で雇用するには人権費がかさむので、潜在的な非正規労働者が多く存在すること。
そしてそのような労働者は、このように使い捨てのような扱いを受けると言うこと。

みなさんは、この事件どのように感じられましたか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします

サイト運営

タイ王国に関連したニュースを読みやすくポップにお届けするオンラインサイトです。現地タイより毎日更新中!

PAGE TOP