【コロナ感染クラスター】ミャンマー・タチレクより不法越境者は、やはり感染を拡大させていた!

ミャンマー国境のタチレクから不法に入国した新型コロナ感染者騒動は、さらなる広がりを見せています。

12月3日のチェンライ公衆衛生局は、新型コロナの4つの新規症例を確認しました。

そのうちの3件は、タチレクとメーサイの国境から合法的に検疫プロセスを経た人々でした。
チェンライ当局によると、これら3名はタイ国内で他の人に接触していないとのこと。

4人目のケースは、チェンライに住むチェンライナイトクラブで働いていた28歳の男性(トランスジェンダー)です。
この男性は、最近タチレクから不法に国境を越えた新型コロナ陽性患者と接触があります。

彼のタイムラインは以下のとおりです。
11月28日:13時頃、ミャンマーのタチレクから3名の女性の友人が不法に越境し、彼を訪ね彼のアパートに滞在させて欲しいと頼んだ。その夜遅く、患者は仕事に行きました。

11月29日:彼の家に泊まった3名の友人と同一空間に滞在。17時頃から23時まで「農まつり」というイベントに行き、翌日の早朝まで飲みに出かけました。彼はマスクを着用し、コンサートのステージで大勢の観客に入るのではなく、ほとんどがフェスティバルのあるエリアにのみ滞在していたと主張しています。

11月30日:同じグループの友達と一緒にチェンマイに車で行き、個人の車を使って目的地に降ろしました。

12月1日:公共バスでチェンライに戻りました。夕方、患者は仕事に行きました。

12月2日:彼は、ミャンマーから国境を越えて忍び寄った彼の友人が新型コロナの検査で陽性であったことを保健当局から通知されました。彼は症状は出ていませんでしたが、私立病院に行って新型コロナの検査を受けました。そこで彼は陽性と診断されました。彼はこの時点で隔離されました。

本当に新型コロナの感染力というのは強いものですね。
なんとかこれ以上、広がらないように水際作戦に期待するところです。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします