タイ人の5人のうち4人がゲーマーという調査結果

 

photo by Khaosod

タイ地元メディアによりますと、タイ人の5人のうち4人はゲーマーであり、東南アジア地域で最も高い利用率となっています。
中でもスマートフォンゲームは国内で最も人気のあるプラットフォームです。

英国の市場調査会社であるYouGovは、調査対象のタイ人の82%が定期的にビデオゲームをプレイしていることがわかりました。
これは他のどのASEAN加盟国よりも多く、タイのゲーマーのなんと89%が他のどのデバイスよりもスマートフォンを利用してゲームをプレイしています。

ゲームニュースウェブサイトGaming Doseの編集者は、PCゲームは本体コストが高いことやその他のいくつかの理由を考慮すると、モバイルゲームの人気の高さは驚くべきことではないと述べています。
誰もがすでに携帯電話を持っており、通常ゲームアプリは無料であり、幅広いゲーム層から支持をえています。

タイ人は、YouGovが調査した24か国の中でゲーマー(ゲーム利用率)の割合が最も高かった。
2番目に来るのはフィリピンが80%、次にインドネシアが77%で、台湾と同点でした。
ゲーマーの割合が最も低い調査対象国はデンマークで、インタビュー対象者の45%だけがゲームをプレイしていると答えています。

ほとんどのタイのゲーマーはスマートフォン(89%)でプレイし、次にデスクトップ/ラップトップコンピューター(41%)、タブレット(28%)、ゲームコンソール(15%)、ハンドヘルドゲームデバイス(11%)が続きます。(複数回答)

YouGovは、調査対象のすべての国でモバイルゲームが他のプラットフォームを上回っていたにもかかわらず、南アジアと東南アジアの国では一般にモバイルゲーマーの割合が高く、コンソールゲーマーの割合が低い傾向があると述べました。

Gaming Doseの編集者は、モバイルゲームは、2013年にLineアプリのCookie Runでタイ人の間で爆発的な人気になりました。

女性ゲーマーはまったく珍しい
一部の人にとって、「ゲーマー」という用語は主に男性のイメージを想起させます。
しかし、YouGovの調査によると、タイの男性ゲーマーは女性よりわずかに多いだけです。均衡しています。
男性の84%がゲームをしたことがあると答え、女性は82%がゲームをしたことがあると答えています。

タイの女性は男性よりもスマートフォンでゲームをする傾向があります(男性の86%に対して、女性のゲームの93%)。

また別の調査によると、55歳以上のタイ人の59%が、ビデオゲームをプレイしたことがあると答えています。
「私の63歳のお父さんは、アーケードでパックマンをプレイして以来ゲームをしています。現在、彼は孫と同じゲームをプレイしています」Gaming Doseの編集者とは述べています。

また彼によると、タイで最も人気のあるモバイルゲームは、タイ語でRoVと呼ばれるArena of Valorだそうです。
Genshin ImpactやCallof Duty mobileも広くプレイされています。

実際、映画「マザーゲーマー」を後援したのは、RoVを発行および配布したTencentGamesとGarenaでした。 このような手間のかかるプロモーションは、ゲームがタイでとても人気がある理由の一部です。

タイのスマートフォンゲーマーの64%は、週に1時間から10時間プレイすると言います。
調査対象のタイのゲーマーは、ゲームプラットフォームとしてYouTubeとFacebookを利用し、ゲーム実況などをするゲーマーを参考にゲームをセレクトしていると言います。

PCデバイス人口の割合が低いとはいえ、タイのesports界もかなりな盛り上がりを見せていて、定期的に大きな大会が開かれています。
その子たちに比べたら、我々日本人の方が遅れている部分もあるかもしれませんよ。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします