あなたならどうしますか? 尊敬すべきはずの僧侶から自慰行為ビデオメールが届いたら。

photo by The Nation Thailand

タイの国王、僧侶、先生という存在は、古より人々から尊敬され、崇め奉られる存在でした。
今はその尊厳をどれだけ保っていられるでしょうか。

ウドンタニー警察は3日火曜日、バンプー地区の寺院の大修道院長であるプラムック・ジャルーンスク容疑者(49)の住居を捜索した。
容疑は、未成年者へのわいせつ行為です。

容疑者の寺院の住居で、警官は2台の携帯電話と自分が自慰行為をしているビデオクリップを含むタブレットを見つけました。
プラムック容疑者は、この自身の自慰行為を撮影したビデオクリップを12歳の女の子に送り付け「お金が必要な時は私に連絡をください」というメッセージを添えていた。
送信者は、彼とのセックスと引き換えに2,000バーツを渡すと述べました。

「彼の名前を調べたところ、彼がこの寺院の大修道院長であることがわかったので、警察に通知しました」と彼女は言いました。
「私の娘は、小学6年生で娘の友人も容疑者から同様の招待状を受け取ったと聞いています」

予備調査の結果、プラムック容疑者はコンケーン県の住民であり、23年間僧侶でいることがわかりました。
彼は11年前にウドンタニー県のバンプー地区にある寺院に引っ越しましたが、寺院には3人の僧侶しか住んでいなかったため、修道院長に選ばれました。

伝えられるところによると、プラムック容疑者は招待状に同様の文言をつけ送り、フェイスブックで友だちになった11〜13歳の男性と女性の20人以上の子供たちに、自身の自慰行為ビデオを送ったと言います。
プラムック容疑者は、僧侶を離れることを破門されることを余儀なくされ、警察署に連行されました。
彼はポルノ素材を公表し、未成年者との性的交流を試みた罪で起訴されました。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします