タイ国境で74人クラスター感染の疑い?!~タイ入国のミャンマー人運転手に陽性反応

新型コロナが一様に一掃できたかのように見えるタイ。
しかしながら現在、外敵からの脅威がじわじわと押し寄せているようです。

国内で医療崩壊を迎え、10月7日時点で2万1433人を記録し、この1ヶ月で14倍にも増加しているミャンマー。
死者も1日で20人から30人規模で発生しており、来月8日に控えた国政選挙にも大いに影響を及ぼしていると言います。

タイ北西部のターク県メーソット地区のタイ人74人が、COVID-19に感染していることが疑いがあることが判明しました。
ミャンマーからきた2人のトラック運転手にCOVID-19に陽性反応が出ており、そのドライバーと濃厚接触したことに起因しています。

ターク県在住の医師のSNS投稿によると、女性医師は74人のタイ人全員がPCRテストを受け、少なくとも14日間は自宅の検疫で隔離するように言われたと述べました。
彼らは健康ボランティアの方によって24時間監視されている状況です。

彼女は、感染した2人のトラック運転手が、友好橋チェックポイントを経由してタイとミャンマーの国境を越え、メーソット・タウンシップで約6時間過ごし、その間に市内の倉庫に立ち寄って貨物を降ろしたことを明らかにしました。彼らはまた、倉庫の前で何か食べるものを購入したとのことです。

彼女は、メーソートの一部のコミュニティを封鎖し、人々の移動を制限し、ミャンマーの人々を積極的に監視したいと言っていますが、国境検問所をどうするかについて当局からの連絡がなかったと不満を述べました。緊急の対応がない場合、リスクが高まると見なされます。

女医は「それができないので、医者としての義務に専念します。過去10か月間、私は自分の義務を超えて働いていると感じています」と彼女は言いました。

既に魔の手は、タイ国内に忍び寄って来ているのでしょうか。
他国が新型コロナ対策を全く行わない以上、不安が尽きません。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします