タイ政府が外国人の入国制限の緩和について一部承認

新型コロナウイルス状況管理センター(CCSA)は28日月曜日に、コロナ禍による経済的不況から回復を図るために、ビジネス訪問者や観光客を含む外国人の入国を原則として承認していく意向を示しました。
また、世界的な新型コロナの感染拡大収まっていないことを受けが、緊急事態令を10月31日までさらに1か月延長することで合意しました。

CCSAのスポークスマンは月曜日、多くの企業が景気後退と戦うために、人々の移動制限の緩和が必要であると述べ、プラユット首相が議長を務めるCCSA会議は外国人訪問者を歓迎する提案を承認した結果となった。

CCSAが今回承認した海外からの入国者カテゴリーは次の6つになります。

①10月6から16日に開かれる自転車競技イベントへの競技参加者

②タイ国際航空のパイロット並びに乗組員が帰国する場合

③ワークパーミットを所持していない、ビジネス目的でのノンイミグラント保持者

④ロングステイ目的での特別ツーリストビザ保持者

⑤タイ政府が認定したコロナリスクの低い国からのAPECビジネストラベルカード保持者

⑥少なくとも60日以上滞在する外国人

少し前身と言ったところでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします