【タイ】10月からの観光客受け入れについて追加情報です

外国からの観光客受け入れ陳情の急先鋒、観光スポーツ大臣ピパット氏により、10月からプーケットに観光客を迎え入れる方向で話しが進んでいることは先日お伝えいたしました。
もう少し詳細がでましたのでご紹介いたします。

この観光アジェンダは「プーケットモデル」と呼ばれる提案の下で話しが進んでいます。これは新型コロナ禍における、限られた数の観光客に限られた旅行アクセスを提供する新しい観光スタイルです。

観光・スポーツ大臣のピパット氏は次のように付け加えました。「たとえば、観光客のグループは最初にパトンビーチに旅行したいと思うかもしれません。彼らは、14日間行動を追跡されながら、半径1 km以内の代替州検疫エリアを観光することができます。そして、それらが完了すると、新型コロナの検査を行います。結果が感染の兆候を検出しなかった場合、彼らはその限られたエリアを離れることができます。ただし彼らは別のエリアに移動する場合、飛行の前後および滞在の最初の数日以内に新型コロナの検査を受ける必要があります。彼らはまた、適切な健康保険と飛行証明書を持っている必要があります」

特定の観光客がタイの他の県にも旅行する予定の場合、移動する前に感染を再テストするために、プーケットにさらに7日間滞在する必要があります。受け入れ先のホテルのスタッフも定期的に検査を受け、島を離れる前に検疫をする必要があります。

この提案はまた、チェンマイ、ウボンラチャタニー、チャンタブリー、ラヨーン、スラーターニー、クラビ、バンコクなど、全国の他の有名な観光名所へ今後転用される可能性があります。「プーケット」は正しくモデルケースなのです。チョンブリとパタヤも今後可能性のあるエリアとして挙げられています。

プーケットモデルからの状況をフィードバックし、観光客や地元の人々が再開に満足しているかどうかを確認する必要があります。それらのいずれかで問題が発生している場合、このプランは廃案とされ、他のエリアへは適用されません、とも付け加えている。

新型コロナが発症するのは、かなり遅れて発覚する場合があります。これが火種とならなければよいのですが…

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします