【タイ】10月より外国人観光客の受け入れ開始となるか?!~首相は既に承認済みと地元メディア

写真はイメージです

観光・スポーツ省は、地元住民が制限された領域でかつ、14日間の検疫の下で外国人観光客が訪問することを許可する準備をしていますとのことです。

新しく形成された経済状況管理センターの最初の会議でプラユット首相は、限られた条件を付けた上で10月1日から先ずはプーケットのインバウンド観光客を許可することに原則的に同意したと地元メディアが報じました。

勘案骨子によりますと2週間の検疫が完了すると、外国人観光客はプーケット内を自由に移動することが可能です。しかし、県外に旅行したい場合は、さらに7日間滞在する必要があるとのことです。

ウイルスに感染する可能性に対する地元の不安を和らげるために、ホテルのすべてのスタッフは密閉された場所に留まる必要があります。ホテルスタッフが他の場所に外出したい場合は、綿棒の検査を受けて、14日間の検疫も行う必要があります。

最大の外国人旅行者招へい推進派の観光・スポーツ省ピパット氏は、9月5日と6日にプーケットを訪問し、アンダマン海の3つのエリア(プーケット、クラビ、パンガー)を結ぶ海上輸送を視察し、14日間の検疫なしに観光客が自由に移動できないようにできるかどうか視察する予定です。

ピパット氏は、県の機関は観光客の空と陸の移動を制御することに自信を持っていますが、海上輸送には抜け穴があり、一部の観光客はすでにこの方法を使用して検疫を破っているケースがあると述べています。

観光客といってもかなり長期間の休みが取れる人限定となりそうですね。
完全と思われた現在の水際対策も、先日のケースで完全ではないことが証明されており
新型コロナウイルスのタイ国内への流入が最も気になるところです。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします