【タイ】タイ国内で発見された新規感染者…その検査結果は如何に。。。

photo by The Nation Thailand

8月20日木曜日の夕方、昨夜のこの記事「報!タイ国内でとうとう新型コロナ新規感染者発覚!」について、
ラマティボディ病院と疾病対策部の医師チームである新型コロナウイルス状況管理センター(CSSA)のスポークスマンが、該当女性の検査結果を発表しました。

ラマティボディ病院の院長は、この女性は8月19日と20日に検査を受け、2つの研究所の結果は『陰性』であると述べました。
しかし、彼女の血液検査では陽性反応があり、ある時点で感染していたが、すでにコロナウイルスに対する抗体を開発していたことを示しています。彼女は無症状でした。

ただ医師たちは、彼女が持っていたものが他の人に伝染しないようにするために、検査のためにラマティボディ病院に滞在することを奨めました。

1人目の女性(35歳)は、6月24日にアラブ首長国連邦からタイに到着し、チョンブリー県の州検疫施設で隔離されました。 検疫中に2回陰性と判定された後、ルーイ県の自宅に戻りました。彼女は日曜日に車でバンコクに旅行し、仕事のために海外に向かう前に必要なチェックをするため18日火曜日に病院で検査したところ陽性とでました。
保健当局は、ルーイ県とバンコク都において、この女性と密接に接触していた24人に検査を行うとのことです。
加えてCSSAの広報担当者は、バンコクに滞在したホテルを含め、女性が訪れたすべての場所は通常通り営業すると述べました。

もう一つのケースは、アラブ首長国連邦出身の34歳の女性で、6月2日にタイに到着し、検疫、隔離された後、チャイヤプーム県に戻りました。 彼女は18日火曜日に海外に行くことを計画していたので、ラマシボディ病院で伝染性でない新しいコロナウイルスに感染していたため陽性と出たそうです。

新型コロナウイルスの厄介な点がまた明るみにでたと言ったところでしょうか。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします