『2021年まで外国人観光客の立ち入りが禁止』の真偽とは?~タイの観光庁(TAT)「そのような事実はありません」

最近多くのタイと外国のメディアで、大胆でキャッチーなタイトルが付けられ『2021年までのタイへの外国人観光客の立ち入りが禁止』と報じられています。同様の声明が出ています。
これは事実なのでしょうか。タイのメディア、パタヤニュースでは、これらの主張を確認し事実を調べて、内容が正しいかどうか再チェックしています。
冷静に事実のみお伝えするものであります。それではパタヤニュースが伝える内容をどうぞ。(一部抜粋)

 

では、タイは2021年まですべての外国人観光客への入国を拒否していくのかみてみましょう

Q.タイの観光庁(TAT)は本当に外国人観光客のタイ入国を2021年まで禁止すると述べましたか?

A.いいえ。東南アジアおよび太平洋地域の国際マーケティングのディレクターであり、TATの副知事は、公式の政府会議ではなく、マーケティングウェビナーで非公式の意見を述べました。 彼の意見は、2021年まで外国人観光客は戻ってこないだろうと述べています。彼はまた、外国への観光客の入国については現在のところ議論されていないと述べた。

Q.彼の発言と公式の方針の違いは何ですか?

A.公式の声明は観光スポーツ大臣または、タイ観光庁からのものです。これは公式のプレスリリースで提供され、おそらくCovid-19状況管理センター(CCSA)およびCAAT(タイの民間航空局)と連携して作成されます。彼の声明は教育を受けたものですが、意見であり、TAT、CCSA、またはCAATの公式ポリシーではありません。

Q.では、公式声明はどのようになっていますか?

A.この時点では、外国人のグループ以外は、地元の大使館または領事館から与えられた入国許可証と許可証をもってケースバイケースで許可されていません。

Q.タイの民間航空局についてはどうですか? 彼らはいつ国際インバウンドのフライトをオープンにしますか?

A. CAATの事務局長は、2020年8月12日、これはCCSAと歩調をあわせる必要があると述べました。 フライトはタイに到着しますが、現在は本国送還フライトであり、上記のカテゴリーで許可されているフライトです。 一般便は、まだ許可されていません。

Q.退職/未婚カップル/ 3〜6か月間滞在する長期滞在の観光客/宗教ビザ/語学学校の非公式ビザ/など 戻ることが許されますか?

A.正式な日付はありません。 CCSAによると、これらのカテゴリがまだ許可されていない主な理由は、必要なすべての訪問者に対する代替の国家検疫の不足です。 現在、CCSAによると、タイに戻る人々の最大数は、製造や開発などの重要な分野と呼ばれる分野で労働許可を持つ人々が優先です。

Q.タイエリートビザはどうですか? 今買うことはできますか?

A.現時点ではできません。 エリートビザは「原則として」承認されていますが、エリートビザ保有者はまだ許可していません。 エリートビザ・プログラムの管理者は、戻ることができるようになった場合はメールでエリートビザの所有者に通知することを定めています。

Q.では、タイは何の制限も検疫もない旅行者に対し、いつオープンする予定ですか?

A.提供されている現在の日付はありません。それは2021年である可能性が非常に高いでしょう。それは多くの状況、可能性に依存するため、正しい答えを出すことは不可能です。タイに来たいという気持ちは共感し理解しています。ただし、タイ政府から提供された現在の日付はありません。

実際には公式に、2021年まで観光客の入国ができないということは言っていないようですが、その見込みのような発言が切り取られ、報道されてしまったようですね。
少し報道するには、勇み足だったのかもしれません。いずれせよ、他国の状況次第では、もっと早く開国できるかもしれませんし、もっと遅くなる可能性もあります。
現時点では、様子を見守るしか方法がないでしょう。

「来年のことをいうと鬼が笑う」とは、正にこのことなのかもしれません。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします