今日は何の日フッフッ~6月18日

タイ人に人気のサーモン

2020年6月18日。

はい!久久にみなさんお馴染みの「今日は何の日」のコーナーです。

今日は何の日かと言うと…、

なんと『国際寿司の日(International Sushi Day )』

なんだそうです。

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」を代表する寿司。日本人ではなくChris DeMayさんという方が2009年に制定されたそうなんです。

ここタイでも『寿司』はみんな大好き。ここ数年の和食ブームと最低賃金の引き上げによって、庶民の口にも入るようになり、今では『5バーツ寿司』に代表されるように、野外の屋台でも売られるようになりました。

こんな熱帯エリアのタイの屋外で生の寿司なんて大丈夫なの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、もともと寿司が発祥したと言われる江戸時代であっても、当時冷蔵庫なんてなかったでしょうから(当たり前ですね)なんとかなっていたんですよね。その為にシャリはすし酢を使って解毒していたんですかね。すいません、衛生上のことはいつか詳しく調べることにします。

ということで、タイでも今日は『寿司の日』を祝って、寿司を食べようと地元メディアでは寿司の発祥や種類などを紹介しています。地元メディアでは、寿司の発祥が中国や日本からだと書いてありますが、どうなんでしょうか。国際寿司の日だから、いわゆる江戸前寿司とは異なる寿司が中国にも存在していたのでしょうか。深掘りの必要がありますね。

最後にこんな言葉をご紹介します。

「幸せを買うことはできない。でも寿司を買うことはできる。寿司は幸せと同じようなものだよね。」

ちなみに日本の『寿司の日』は11月1日だそうです。
今日も寿司の日に違いないので、全国のちびっこ諸君は、お父さんお母さんにねだってみてはいかがかな?
あっ、このサイトでも紹介した「田中水産」もよろしくね。

過去記事:【田中水産】タイでお腹いっぱいお寿司を堪能したい方へ!

参考記事:K@POOK(https://hilight.kapook.com/view/203203)

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします