【タイ】スワナプーム空港、無人移動車の納入今週にも

photo by The Nation Thailand

AOT (Air Of Thailand) は、スワンナプーム空港の第2フェーズ拡張工事が、Auto People Mover(無人移動車:APM)を納入し、88%の完了をみると宣言いたしました。

最初のシーメンス製APMは、既存のターミナルビルと建設中の新しいサテライトターミナル1(SAT-1)の間で乗客を輸送するために使用されます。 シーメンスは、今年中に合計6つのAPM列車を納入します。各APMには2つの車両があり、片道210人または1時間あたり6,000人の乗客を収容できます。 さらに最大で時速80 kmで地下を走行し、2つのターミナル間の1 kmの距離を2分未満で走行予定です。

新型コロナの影響により、SAT-1の完成日は今年の終わりから2022年4月まで延期されました。 スワンナプーム空港のフライトと乗客数は、新しいターミナルが稼働する2022年10月までに2019年のレベルに回復すると想定しています。

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします