【タイ】一等600万バーツを15枚も当選した女性。お金持ちになったらやりたいあれを実現!

2020年7月13日。
クロスボンバーでもタイの宝くじ一等600万バーツを夢見て、2回ほど購入しましたがかすりもしませんでした。

過去記事:【タイ政府宝くじ企画】第2弾・当選発表!

でも毎回、この一等600万バーツを複数枚充てている人が何人も出てくるのですが、どうして複数枚充てられるのか(一枚たまたまというのではなく)不思議でなりません。
だれかこの謎について考察できる方、大募集中です。

さて、タイ東北部ウドーンターニー県のムーバーン(集合建売住宅)に住む、ワンナリー・パンャーさん(48歳)も、この度晴れてその幸運な一人となりました。 宝くじ番号「149840」を15枚分、なんと9千万バーツ(約3億円強)を手に入れることになったのです。
その日は48歳の誕生日でもあり、9千万バーツの賞金を受け取り、合計200人超を招いて誕生日を盛大に祝うことになったのです。
(タイでは自分で誕生日会を開き、費用などは誕生日側の人が負担するのが一般的)

誕生日参加者にはマスクを配り、検温を測定するなどニューノーマルのルールを守った上、僧侶が祈り、親戚、ゲストが誕生日を迎えてくれ、16時頃に食事となりました。

ただこの誕生日イベントの本番はこれからでした。お祝いの印に30サタンのゴールド(約4.5グラム)と20バーツ紙幣を空から撒くという、正に成金を絵にかいたような大イベントを開催したのです。

このばら撒きイベントには、地元の警察などが協力し、パラシュート部隊が空から20バーツ紙幣やゴールドを、はるか下方で今や遅しと待ち構えている3、000人もの市民に投下していったとのことです。総額にしてなんと30万バーツ(約100万円強)

なんか夜の街をうろつく人が考えそうなことですが、タイはこういう派手なイベントが好きなんですね~。

地元メディアKHAOSOD ONLINEでは、その時の様子を映像で報じていますので(終わりの方です)良かったら実際の様子をご覧ください。

 

KHAOSOD ONLINEが伝える記事(中の方に動画があります)
https://www.khaosod.co.th/around-thailand/news_4491075

 

X-Bomber Thailandの最新情報をお届けします